OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山岳ガイド 田口 智康のプロフィール


〜ガイド理念〜

一般縦走から、ロープを使ったバリエーションルート、雪山登山まで長野県安曇野市にベースを置きガイドをしています。主な活動エリアは、日本アルプス、八ヶ岳ですが、日本全国幅広くガイドさせていただいております。その中で、安全な登山を第一に考えつつ、魅力溢れる大自然と皆さまとの間で架け橋となり、山での経験を通じ、皆さまの『心、生活、人生』が、豊かなものになれたならいいなと、そのような事を願いながらプランニングからガイディングまで皆さまのサポートが出来たならと、考えております。


〜取得資格〜

公益社団法人日本山岳ガイド協会:

「山岳ガイド ステージi」「スキーガイド ステージi」

DPS Skis Ambassador   DPS Skis アンバサダー

長野県知事認定:「信州登山案内人」

富士吉田市認定:「富士登山ガイド」

  JAN(日本雪崩ネットワーク):

「雪崩業務従事者レベル1」

WMAJ(ウィルダネス メディカル アソシエーション ジャパン):

「ウィルダネス ファーストエイド レスポンダー」


〜生い立ち〜

 幼い頃より、岩手県花巻市の花巻南温泉郷付近に住み、自然に触れ合う。小学生の頃よりアルペンスキーを始め、岩手中・高等学校で、スキー部及び山岳部にて汗を流す。高校3年時、インターハイ山岳競技で入賞を果たし、以降、山にのめり込んでゆく。

 ガイドを目指すキッカケになったのは、カナダ、レベルストーク在住時、たまたまヘリスキーのガイドの手伝いを経験し、そこで山岳ガイドという職業に魅了される。帰国後、ガイドになる為に一層山行に励み、2019年、公益社団法人日本山岳ガイド協会「山岳ガイド ステージi」のライセンスを取得。
2019-20 ウィンターシーズンよりDPS Skis アンバサダーとして、活動を開始。


〜主な山行歴〜

2012〜2013年

 カナダ及び、アラスカ在住時、カナダはレベルストークと、ロジャース・パス、アラスカでは、ヘインズなどでバックカントリースキーに励む。

2014年 夏

 日本アルプス全山縦走を35日間掛けて達成。

2017年 2月

 パートナー、高柳 傑氏と共に、礼文島西海岸のバーチカルマルチアイスウォールを数本開拓。

 この山行が余りに恐怖だったせいか、遠征後わずか一週間で結婚。これが、独身最後の遠征となる。


〜事務所概要〜

Tomo Mountain Office

代表 田口 智康

連絡先

電話  070-2798-9311

メール tomo.mountain.office@gmail.com

所在地 

〒 399-8350

長野県安曇野市穂高牧504-10